プラクティスの内容

日本企業による海外M&A
     当事務所は、日本企業による海外M&A・ジョイントベンチャー案件を専門としています。

  • 業務内容:
    案件の統括・管理、機関決定のサポート、デューディリジェンスで発見された問題点の分析・解消方法のアドバイス、契約書の問題点の指摘・対案の選択肢の提示・交渉サポート、各国独禁法対応のサポート、表明保証保険付保のサポート、表明保証違反の補償請求・価格調整金額の交渉その他紛争解決サポート
  • 対象地域:
    ヨーロッパ、北南米、アジア、オセアニアその他全世界をカバー
  • 業種:
    金融、自動車、鉄鋼、エレクトロニクス、機械、化学、医薬、バイオ、ビールその他飲料、食品、ロジスティックス、IT、リテイラー、ホテル、人材サービス業その他広範囲の業種をカバー
  • 取引形態:
    上場会社・非上場会社の買収、合弁契約、海外子会社の売却その他
日本企業による国内M&A
     国内M&A案件も、多くのご依頼を頂いております。

  • 業種:
    金融、自動車、鉄鋼、エレクトロニクス、機械、化学、医薬、バイオ、ビールその他飲料、食品、ロジスティックス、IT、リテイラー、ホテル、人材サービス業その他広範囲の業種をカバー
  • 取引形態:
    上場会社・非上場会社の買収・売却、業務提携その他
その他
     (1)国際商取引
        ● 製造販売契約
        ● ディストリビューター契約
        ● ライセンス契約
        ● 研究開発契約
     (2)国際紛争解決
        ● 戦略立案のサポート、問題点の分析
        ● ディスカバリー・デポジションのサポート
        ● 現地チームの統括管理
     (3)海外独禁法違反調査への対応
        ● グローバルなコンプライアンス態勢の構築
        ● 各国独禁法対応のサポート
        ● 各国リニエンシー制度の活用の可否に関するアドバイス

▲Pagetop